KONDOグループ最新情報

達人№012 桃原 五郎さん 趣味は押し花

放映日2007/11/21
達人№012 桃原 五郎 (ふじみ野市)
趣味 押し花

%E7%84%A1%E9%A1%8C12.JPG

%EF%BD%8D%EF%BD%87%EF%BC%91%E3%81%BE%E3%81%84.jpg
アナ:今日は押し花の達人です。ご覧下さい。
ナレ:埼玉県ふじみ野市こちらに趣味の達人が暮らしています。桃原五郎さん69才。
   桃原さんは8年前に勤めていた会社を退職し押し花を趣味として始めました。
   今では資格を取りインストラクターとして活躍しているのです。


%EF%BD%8D%EF%BD%87%EF%BC%92%E3%81%BE%E3%81%84.jpg
退職を決めたときの奥様の反応は?
桃原:最初は良い返事は貰えなかった。やはり第二の人生最高の道を選ぶのは無理ですね。
   異端児でしょうけど私はって事で。渋々了解をくれました。で第1号の生徒家内なんです。
ナレ:桃原さんは押し花を使って1枚の絵を描きます。
   木の枝や皮も使って様々な風景を表現していくのです。


%EF%BD%8D%EF%BD%87%EF%BC%93%E3%81%BE%E3%81%84.jpg
押し花の魅力は?
桃原:そこに咲いている花は、あるものからある所へ挿せば花ですよね。
   これは一旦花の人生が終わったんですけど、
   無から有を生んでくる仕事じゃないかなって感じですよね。
   あるものからあるんじゃなくて、なにも無い所から想像して形になって出来上がった。


%EF%BD%8D%EF%BD%87%EF%BC%94%E3%81%BE%E3%81%84.jpg
   その喜びが大きいんじゃないかな。と思いますね。
   無から有を生むっていうか、この子達がどういう主張をしているかっていうのを
   考えておいてあげるんですね。
   そうすると自然に、そもそも花は綺麗ですから何かが出来上がってくるんですね。


%EF%BD%8D%EF%BD%87%EF%BC%95%E3%81%BE%E3%81%84.jpg
   この岩を見立てている木の皮、歩いてるとこういった物拾ったりはしないと思いますね。
   でもここに入ると自然の岩になっていきます。これは押し花の持つ強みだと思いますね。
   枯れたものを使ってあげるという感じで。
ナレ:毎日が大好きな押し花との時間。桃原さんは趣味に没頭出来る今の生活が
   一番楽しいとおっしゃっていました。


%EF%BD%8D%EF%BD%87%EF%BC%96%E3%81%BE%E3%81%84.jpg
桃原:花そのものが生きてる時はもう花でやってますよね。ただ一週間なり一ヶ月するとみんな
   枯れて花じゃなくなってしまいますね。だからそれを長く、その花自身の持っている良さを
   止めてあげる、それがやっぱり押し花じゃないかな。だから花に感謝をする立場ですね。
ナレ:大好きな花に感謝しながら、毎日の生活を楽しく過ごされている桃原さん。
   これからも素敵な作品を作り続けてください。

2008/3/04 16:19

一覧に戻る