会社・グループ紹介 専属大工の育成

KONDOグループは大工さんを育てることで、住まいを作るための熟練技能の伝承を促進します。

木造建築のことなら何でも分かる大工技術者の育成を行っています。

KONDOグループには、ただ職人を育成するだけでない、木造建築のことなら何でも分かる大工技術者を育て、大工職の資質の向上を目的としているテクニカルセンターを完備しています。

そこでは、熟練大工である指導員から実技や、住まいに関わる専門知識も学ぶだけでなく、現場監督の責任者を経験したセンター長が、挨拶やマナー教育など企業人として、社会人としてどうあるべきか指導を行います。

テクニカルセンターでの指導を通じて、お客様の大切なお住まいを作ることの責任感を教えています。

センターで一年間技術を学び、大工技術を習得したその後、先輩について、現場で働きながら技術を高めます。そして国家資格である2級技能士を取得した者だけが、4年目以降に近藤建設の大工さんの会、睦会の親方に配属され、造作関係の技術が習得できます。

KONDOグループは、熟練した大工さんの技術を後世に残す要となる、次世代の若くて元気な大工さんを、毎年世の中に送り出しています。

KONDOグループの専属大工の育成の写真
KONDOグループの授業の写真
KONDOグループの授業の写真

続いては、KONDOグループの活動状況を詳しくご覧いただける、グループ各社および代表宇佐見のブログをご紹介します。