採用情報 榛原俊宏(2012年入社)

建設工事グループ / 東洋大学 工学部 建築学科 出身

ビル新築工事の施工管理をしています

榛原俊宏がパソコンの画面を見ている写真

現在、ビルの新築工事現場で施工管理業務をしています。主に、構造図・躯体図通りに工事が行われているか確認業務を行ったり、工程が予定通りに進んでいるかどうかチェックし、職人の手配等も行っています。工事がスムーズにはかどるように、段取りの把握、優先順位づけや周りの人への気配りに気を付けています。

入社を決めた理由を教えてください。

自分のやりたいことが実現できると感じたから

私が近藤建設に決めた理由が、三つあります。一つ目は、「地域密着の企業だから」です。この慣れ親しんだ埼玉で仕事がしたかったので、近藤建設の「地域密着」「親戚づきあい」という特徴に惹かれました。二つ目は、「保育園や高齢者福祉施設も手掛けているから」です。元々、保育園を造りたいという思いがあり、この会社に入社すれば自分のやりたいことが実現できると思ったからです。三つ目は、「責任ある仕事を早くから任せてもらえると思ったから」です。作業工程の一部分を淡々と行うのではなく、責任ある仕事を早いうちから幅広く任せてもらいたいという思いがありました。地元に根付いた近藤建設であれば、それが叶えられると思い入社を決めました。

仕事のやりがいは・・・

自分が手掛けたものがずっとカタチに残るところ

自分の考えた工程によって現場を動かし、自分の思ったように建物を造ることができる。そして、「その建物が何十年後もカタチになって残る。」そこが一番のやりがいです。地図を見たときに、自分の手掛けたものが表記されていると嬉しいですね。今でも建物の前を通ったときには、友達や知り合いに自慢したりしますが、将来こどもが産まれたらもっと自慢できるように、更なる現場を手掛けていきたいです。

当社のいいところ

良い上司や先輩社員に恵まれた、「風通しの良い会社」

当社の良いところは、「人」と「職場環境」。上司や先輩たちが優しく丁寧に教えてくれるので、仕事が覚えやすい環境だなと思います。近藤建設は、グループ会社も含め本社ビルに全部門があるので、他部門の人とも顔を合わせることが多く、社員と濃い関係性が築けるのが良いところだと思います。仕事以外でも、社内のクラブ活動で野球部やフットサル部などがあり、部門の垣根を超えて楽しめる仲間が多い職場です。また、福利厚生も充実しているので休日はレジャー施設などで息抜きでき、仕事のメリハリがつけられるところも良いと思います。

今後の目標・将来の夢

一人で現場を動かせる人に。

私が現在目標としているのは、「現場の所長」。現場の所長になるためには、一級施工管理技士が必須となりますが、受験資格である実務経験3年が経ち、資格に挑戦できるようになりました。いち早く資格を取得し、一人で現場を動かせるようになりたいです。そして、現場の所長として活躍していきたいです。