採用情報 松澤銀汰(2017年入社)

住宅工事グループ / 日本工業大学 工学部 建築学科 出身

木造戸建注文住宅の現場で施工管理をしています

松澤銀汰の笑顔の写真

現在、木造戸建注文住宅の現場で施工管理業務をしています。図面を確認しながら必要な部材の拾い出しや仮設計画を行い、工程管理や職人の手配などを行っています。また、お客様がお引渡しまで安心していただけるよう、お客様へ定期的な現場の報告も必須です。

「家づくりを楽しい思い出にしていただきたい」という当社の想いから、地鎮祭やピン打ち式、お引渡し時のテープカットなど、現場監督がお客様の思い出作りにも携わっています。

入社を決めた理由を教えてください。

やりたいことが叶えられ、社風も自分に合っていると感じたから

私は、生まれ育った「埼玉県」で、木造の注文住宅に携わりたいという想いがあり、企業選びをしていました。その中で、なぜ近藤建設を選んだのか?

注文住宅は、お客様の理想やこだわりがカタチになったオンリーワンの建物です。お客様のハイレベルな要望にも応えられる会社を探していたときに、地域密着企業の近藤建設が全国規模のデザインコンテストで毎年受賞しているということを知りました。詳しく話を伺うと、一邸一邸コンセプトを持って家づくりをしていることを知り、ここでならお客様の想いがつまった建物を手掛けていけると感じました。

また、合同企業説明会での採用担当者の雰囲気や、面接時の社長や役員の方々の雰囲気が自分に合っているなと感じたのも決め手のひとつです。

当社の良いところ

会社や部署関係なく、皆さん親身になって接してくれるところ

当社の良いところは、社員皆さんの温かさだと思います。以前、大学の友人と仕事の話をしていた際に、同じ建設業界でも全く違う現状を聞きました。そのとき、改めて社員の良さを実感しました。

直属の上司や先輩だけでなく、営業さんや設計さんなど他部署の方でも親身になって色々なことを教えてくださったり、話しかけていただいたりと、とても親身になって接してくださる職場環境は恵まれているなと感じました。

仕事のやりがいは・・・

お客様の喜んでいる姿を見たとき

注文住宅は、お客様の理想やこだわりがカタチになったオンリーワンの建物です。そんな夢のマイホームが出来上がるのを皆さん心待ちにしています。私たち施工管理者は、お客様がより快適に過ごせるようにお客様を第一に考えて行動しています。そのため、現場で気付いた点があれば設計に相談し、改善策を提案したりしてお客様により品質の高い家づくりをご提供できるよう努めています。

そのため、お引渡しの際お客様の喜んでいる姿を見ると、施工管理者になってよかったなと実感できます。

今後の目標・将来の夢

「自分の家を自分で監督したい」

幼い頃から、「自分の家を自分で監督したい」という夢があります。現在は、先輩にアドバイスをいただきながら現場を管理していますが、多くの経験を積み少しでも早く一人で現場を管理できるようになりたいです。そして、将来自分が現場監督として自分の家を手掛けられるように頑張っていきます。