採用情報 小野華歩(2017年入社)

リフォーム営業グループ / 日本大学 法学部 法律学科 出身

現在のお住まいをより快適な空間にするお手伝いをしています

小野華歩の笑顔の写真

私は現在、住宅リフォームの提案営業と現場管理をともにおこなう、リフォームアドバイザー業務を担当しています。お客様のご自宅に訪問し、現地調査を行い見積作成や業者手配などを行います。

住宅リフォームといっても扱う規模は多岐に渡り、網戸交換のようなものから部屋の増改築まで様々です。定期的にご相談を受けたり、ご訪問したりとお客様と深く長くお付き合いできる仕事です。

入社を決めた理由を教えてください。

自分が実感した良いものを多くの方々に広めていきたいと思ったから

私は、就職活動をする上で、自分が実感した良いものを多くの方々に広めていきたいという想いがありました。それは、自分が納得したものでなければ人に薦められないと感じていたからです。思い当たるものはいくつもありましたが、その中で一番深く実感できていたのが「住宅」でした。私が小学生のときに、新しい住宅に引っ越しました。それから10年以上経った今でも安全で快適な生活が送れていること、そして建設会社の人が気にかけて訪問にきてくれるところに感銘を受けました。

そこで、自宅を建築した会社を振り返ってみると、近藤建設だったのです。会社説明会で当社の想いやお客様との関わり方を伺い、実感していた点と相違がなかったところも正直な会社という印象を受け、入社を決意しました。

当社の良いところ

上司や先輩方がしっかりとフォローしてくれるところ

私は、文系出身で建築についての知識が全くないままこの仕事に就きました。初めは、正直不安な面もありましたが、入社してすぐにその不安はなくなりました。というのも、上司や先輩方がしっかりとフォローしてくれたり、現場でのきめ細かい指導もあるので、多くのことを学ばせてもらっています。こういった経験が自信に繋がり、一人で現場に行って対応できる範囲を広げています。

今後の目標・将来の夢

目標としている先輩のように自分もなりたい

私には、目標としている2年先輩の女性社員がいます。見積りの作成から業者手配の仕方、現場管理の仕方まで、細かい部分まで親身になって教えていただいています。現場管理の難しい大きい現場を扱っていたり、お客様との接し方にしても勉強になることが多いので、同行させていただくことも多々あります。

また、仕事とプライベートのメリハリもしっかりされているので、見習いたい点も多くあります。休日には、一緒にヨガに通ったり食事に誘っていただいたりと、公私ともにお世話になっています。まずは、その方に追いつけるようになることが目標です!そして、私も後輩に目標とされるような人に成長していきたいです。

メッセージ&アドバイス

女性ならではの強みが活かせます!私たちと一緒に働きましょう!

住宅業界というと、「男性社会」のイメージを強く持たれる方も多いのではないでしょうか。実際、この業界はまだまだ男性が多いですが、実は「女性が活躍できるフィールド」でもあるのです!キッチンやフローリング、壁紙など家に対してこだわりを持っているのは、「奥様=女性」であることが多いんです。奥様の希望を、よりカタチにできるのは女性営業の強みです。

また、ご訪問に伺うと、対応していただくのは奥様のケースがほとんどのため、ここでも女性営業の強みが発揮できるんです!実際、現地調査に伺った際にお客様から、「日中は私(奥様)しかいないから、男性の方ではなく女性の方に来ていただけると安心する」という言葉をいただくことも多いんです。当社は、女性社員の割合も高く、営業だけでなく、設計・インテリアコーディネーター・工事監督と全ての部署で女性が活躍しています。

女性の方、私たちと一緒に働きましょう! もちろん、男性の方も大歓迎ですよ!