採用情報 竹内麻美(2013年入社)

インテリアコーディネーター(元:住宅営業グループ) / 東京農業大学 地域環境科学部 出身

更なるスキルアップのためにジョブローテーションをしました!

竹内麻美の笑顔の写真

私は現在、インテリアコーディネーターで外構部門を担当しています。家は、建物だけでなくその周りもとても重要です。そのため、KONDOグループが外構までトータルコーディネートすることで、外観に合ったご提案ができるのが特長です。元々住宅営業をしていたので、その経験を生かしてお客様の好みを把握し、どんなご提案が喜ばれるかを日々研究しています。KONDOグループはジョブローテーションがあるので、様々な職種を経験することができますよ!ここでは、私が元々所属していた住宅営業についてお話します!

入社を決めた理由を教えてください。

「親戚づきあい」という言葉に惹かれて

企業説明会で近藤建設の説明を聞いたときに、「この会社に入りたい!」と思いました。というのも、当社のキーワードである「親戚づきあい」という言葉に惹かれたからなんです。「お客様と一生涯付き合っていけるような仕事がしたい。」と思っていた私には、「建てて終わりではなく、引渡し後からが本当の付き合いなんだよ。」「何かあったときに、親戚のように気軽に相談できる存在なんだよ。」という思いにとても共感できるところがありました。

また、面接前に一度住宅展示場に行って住宅営業の方(住宅営業時代の上司)の話を聞けたのも近藤建設に入りたいと思うきっかけになりました。そこでは、営業の魅力を聞いたり、当社の雰囲気がとても楽しくて働きやすいということを教えてもらいました。実際に、そのことは身を持って感じています。

仕事のやりがいは・・・

お客様と家族のような関係を築ける仕事

住宅の営業と聞くと、「家を売る仕事」とイメージされる方がほとんどだと思います。しかし、注文住宅の場合は、家を売るのではなく「自分を売る仕事」なんです。お客様はマイホームというカタチのない夢をカタチにしてくれるパートナーを探しています。住宅の購入というのは、一生に何度もできるものではないので、その大事な全てを任されるには、お客様からの「信頼」がなければできないのです。

信頼していただくためには、自分のことをお客様に知っていただかなければなりません。契約をするまでは、お客様も私もドキドキですが、契約後は、お客様とプライベートな話で盛り上がったり、出来上がったマイホームでご飯をご馳走になったりと仲良くお付き合いさせていただいています。部署が異動しても、今までと変わらないお付き合いをしていきます。

思い出に残る仕事

初めてご契約いただいたお客様からの言葉

私が入社して半年が経とうとしていた頃、同期で入社した営業の他2人がご契約いただいたと聞きました。それを聞いてから、私の中で少し焦りがあったのか、空回りすることが多かったんです。でも、そのときふと我にかえり、「お客様のために今できることを全力でやろう!」と思ったんです。

当時、まだ一人で全てをできるわけではなかったので、上司への「報告・連絡・相談」を徹底して行いました。その中で、上司からもらったアドバイスをもとにお客様とのお打合せを重ねました。お客様もハウスメーカーを決めるあと一歩のところで、決めかねてる様子でした。そんなとき、私はいてもたってもいられなくなりお客様のお宅へご挨拶に伺ったんです。そのとき、「竹内さんでお願いします。」って言ってもらえたんです。

ご契約いただいた後、お客様に話を聞いてみると、「他社にもう1人親切な営業マンがいて決めかねているところ、竹内さんが挨拶にきてくれて、その熱心な姿をみて、この人だったら任せても安心だなって思った。」って言っていただいたんです。その言葉は、今でも思い返すと嬉しいですね。

メッセージ&アドバイス

女性も活躍できます!私たちと一緒に働きましょう!

住宅業界というと、「男性社会」のイメージを強く持たれる方も多いのではないでしょうか。実際、この業界はまだまだ男性が多いですが、実は「女性が活躍できるフィールド」でもあるんです!家づくりをしていく中で、キッチンやフローリング等家に対してこだわりを持っているのは、「奥様=女性」であることが多いんです。家づくりの中心となる奥様の希望を、よりカタチにできるのは女性営業の強みです。お客様から、「女性目線での提案が良かった。」とか「男性の営業マンだとちょっと身構えちゃってね。」なんていう意見もいただくことも多いんです。もし、家づくりに興味を持っている方がいたら、ぜひ当社を見てみてください!女性社員の割合も高く、営業だけでなく、設計・インテリアコーディネーター・工事監督と全ての部署で女性が活躍しています。女性の方、私たちと一緒に働きましょう!もちろん、男性の方も大歓迎ですよ!